昨日はなにがあったのか?

 昨日の父の様子を書こうとしたが、私が午後から夜に至るまで外出していたため、この間の様子が分からない。母も大体午後4時半から6時半ぐらいまで外出していたため、この2時間の間の父の様子が分からず、誰かよそ様に迷惑をかけていないか若干不安である。私が出かけるまでの時間は家の食卓に置いてあった書類等を捨てたり整理したりしていた。私に食卓が綺麗になったことを自慢したりしていた。父がボケる前はこんなことをずっとしていた。家の中の些細なゴミにも神経質になり、今にして思えばそれも認知症の発症の予兆だったのかもしれない。少しずつストレスをためていたのかもしれない。何も趣味を持たず、家のメンテナンスばかりに関心が向けられていたような気がする。今更後悔しても仕方ないのかもしれないが、せめて母に対しては、もう少し注意深く配慮していければと思う。

 

 今日、歩いて5分の場所にある整形外科に行くため、朝9時頃に家を出て行った。ところが、帰ってきたのが午後の2時過ぎであったため、なんでこんなに遅いんだと聞いてみると、整形外科には行っておらず、別の病院に行っていたとのこと。なんで整形外科に行かなかったのか、よく分からないが、どうも普段予定を記載しているカレンダーに母も同日、病院に行くと書いてあり、母の予定を自分の予定と勘違いしていたようである。ややこしい話ではあるが、確かに母の通う病院にも父は通っており、全く父と無関係というわけではない。

 

私は、父の元の職場に電話をかけようかと思ったが、ギリギリ踏みとどまって良かった。でも近い将来、徘徊は必ず起こすと思うし、先の事を考えると何とも言えない気持ちになる。