コロナに感染しておりました。

 久しぶりにこのブログに書く。実は、今週までコロナに私が感染しておりました。きっかけは職場での感染からでした。その時は、全く異常を感じなかったのですが、その2日後から喉の違和感をおぼえて、病院にいったら、発熱が始まり、翌日、陽性反応でした。以後、私は、自室に籠り、父と母に感染させないことが至上命題となりました。一日2~3回のトイレ以外は自室に籠って寝ていました。この期間中、父や母への感染は回避することができた。踏んだり蹴ったりの日々ではあるが、不幸中の幸いだった。しかし、私の方が、足腰がなまるというか、なんか運動不足感が半端ない。なんか、倦怠感のようなものが今も残っているのだが、これはコロナ後遺症かもしれないが、おそらく、この運動不足感とも関連しているのだと思う。今日は、雨だが、30分ゆっくりウォーキングを始めたいと思う。まずはこれを1週間続けて、体調を整えつつ、並行して仕事を始める。

 この間、父はどうしていたかというと、この男、生命の危機となると、大人しくなるし、慎重にもなるようだ。私がコロナで伏せっている間は、大人しかった。確かに傍迷惑な電話攻勢をしかけたりもしたが、その頻度は少なかったように思える。私と遭遇することを恐れて、あまり活発に家の中を動き回らなかったようである。布団の上げ下げや洗濯物を干すといった私の仕事も率先してやってくれていた。正直、とてもありがたかった。むしろ、私はこれからも病気のふりをしていれば、大人しくなるのではないかと思ったりもした。

 また、私は自分がサボるつもりではないが、むしろ、こうした仕事を父にやらせた方が良いのでないかと思った。どうせ、家で何もしないでゴロゴロしているのであれば、こうした日々の仕事を少しでもやった方がそのボケた頭にも刺激になるのではないかと思う。

 とにかく、私は回復しつつある。