なんかうざい

 昨日、私は外出しており、帰宅時に母が買い物をしているのに遭遇した。なんか、ものすごく疲れているように見えた。商品の陳列棚に寄りかかっているようにも見えた。私は、なんか、見てはいけないものを見てしまった気がする。私は、まず、家の父の様子が心配になり、家に戻った。父は母の苦労も知らずに、ハハの帰りが遅いとギャーギャー文句を言っていた。父の様子にうんざりしたし、疲れている母を置いてきぼりにした良心の呵責にかられて、私はスーパーに言って母を迎えに行った。その途中で、ちょうど母がよたよたショッピングカートを引いて歩いているのに遭遇した。私が母のカートや荷物を背負った。母は足の裏にできものがあるらしく、歩くのがしんどそうだった。心底申し訳ない気分である。せめて私がいる時は、私に電話か何かで連絡すれば、途中まで迎えに行って、昨日のように荷物を持つぐらいの事はしたいと思った。

 私も日々の生活にブーブー文句ばかり言っているが、母の疲れっぷりを見たら、それぐらいの事はしなければと思った。

 一方、父であるが、なんというか、色々ダメだなと心底思った。私が、母が商品棚に寄りかかって立ち止まっていたことを話すと、父は、そんなことをしていたら、スーパーや近所の人から悪い評判が立つとかのたまわった。確かに言う通りではあるんだけど、なんかものすごく冷酷でよくそんなことが言えるなあと思った。この男の酷薄な一面というか、母に対する見下すような感覚というか、そうしたネガティブな考えが一挙に噴出した感じである。だから、私は父とは反対のことを言った。「いくら休んでもいいし、みっともないと思われてもいい、どうせ、あんた(父に対して)は引き籠っているのだし、今更体面なんか気にするような年でもないだろ」、「むしろ、頑張りすぎて、倒れて救急車に運ばれるぐらいなら、スーパーの休憩室でも何でも使ってゆっくり休みながら買い物をしてくれ」と言った。父は、私の機嫌が悪くなったのを察したのか、休んでもいいみたいなことを言いだした。

 なんというか、くそみたいな掌返しを見せられて、本当に嫌になった。

とにかく、私は母の方がなんか心配になりつつある。